2008年10月20日

イノセント・ラヴ

今日から新しいフジの月9ドラマが始まります。

イノセント・ラヴ



題名を見て、10年以上前、

Mr.Children(ミスターチルドレン)がInnocentWorld(イノセントワールド)という曲でブレイクしたのを思い出した私は古い!?(^^;



そう言えば、Innocent(イノセント)の意味もよく知らない

辞書辞書・・・



イノセント【innocent】

[形動]

1 無実の。潔白な。

2 純潔な。また、無邪気な。「―な愛」「―な遊び心」



お〜そうか、イノセント・ラヴ=純愛 ってことね

新聞の試写室を読むと暗そうなイメージが・・・



以下新聞の試写室


〜〜ここから


若手人気女優、掘北真希がヒロイン秋山佳音を演じる。

佳音は、過酷な運命にさいなまれながらも、愛をよりどころに前向きに生きていく。



佳音が恋する相手、長崎旬也役には「ゆず」の北川悠仁。



幼い頃に両親を殺され、たった一人の兄が殺害容疑で逮捕された佳音。

故郷でも、職を求めて行った都会でも、「親殺しの妹」として迫害される。



清掃員としての仕事先で音楽家の旬也に出会い、恋をするが、彼には婚約者が。

さらに、今後の回では、旬也を恋い慕う幼なじみにイジメ抜かれるという。



ケータイやインターネットが普及しても、つながっているようでつながっていない若者たち。

真実の愛を見つけるまでの孤独な闘いに耐え忍ぶ佳音の姿は若者たちにどのように写るだろう


〜〜ここまで


ね、かなり暗そうなドラマでしょ?
主人公がいじめられるドラマってわりとヒットしますよね

代表作がおしん?
あ〜私って古すぎ(−−;
posted by nonin at 20:46| Comment(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。